News
HOME  > News > 福島県立医科大学・臨床腫瘍セミナー/宮崎ますみ講演 2012年1月17日(火)18:00~19:00 終了しました。
福島県立医科大学・臨床腫瘍セミナー/宮崎ますみ講演 2012年1月17日(火)18:00~19:00 終了しました。

 

樹氷.jpg

 

福島県立医科大学 臨床腫瘍セミナー  宮崎ますみ講演

 

日時:2012年1月17日(火) 18:00~19:00

場所:福島県立医科大学 11号館(臨床講義棟)第二臨床講義室

内容:「がん患者の立場から」

「私はパペットのように操られたくないの!!」

これは自己催眠で、ガンが一番最初に乳房に定着してしまったその原点へと退行してみた時に、潜在意識からわき起こった言葉でした。"宿命から逃れられない"と思い込んでいた私は、自分を苦しめている現状を打開する手立てをとらず、その問題から自らを救い出す手段として、ガンを受け入れたのかもしれません。ガンをきっかけに、私は神様から生き直すチャンスをいただいたと感じました。

死も病も、けっして悪ではないと思います。それらも悠久の流れに浮かぶ魂が織りなす景色の一部。ガンを患った方の中には、「どうして私だけがガンにならなくちゃいけないの?」と自分を責め、人を責めてしまう方がいます。病はけっして罰ではなく、Why?「なんで?」ではなく、What for?「なんのために?」と、そこに耳を傾けなければならないと思うのです。

 そして治療中の私が主治医から一番欲しかった言葉は、「大丈夫!」の一言でした。それは治ることへの保障でなくても、寄り添ってくださっていることへの安心感なのです。

リバースした宮崎が、乳がん体験から学んだこと、医療従事者の皆様にお伝えしたい事、そして病の要因を潜在意識へとアプローチしていく方法などについてもお話させていただきたいと思います。

ポスターpdf:http://www.fmu.ac.jp/byoin/25syuyocenter/07seminar/pdf/seminar2401.pdf

Web:福島県立医科大学web:http://www.fmu.ac.jp/univ/chiiki/koza/1108.html

臨床腫瘍センターweb:http://www.fmu.ac.jp/byoin/25syuyocenter/07seminar/index.html

 

(問い合わせ)

福島県立医科大学附属病院 臨床腫瘍センター
〒960-1295 福島市光が丘1番地
TEL:024-547-1410/内線2661
担当:がんプロフェッショナル

 



pagetop

カテゴリ

 

Copyright Hypno WomanContactlinkPrivacy Policy