News
HOME  > News > 【名古屋】生命の源に委ねた次世代の自然出産法「ヒプノ赤ちゃん」&「ヒプノ未妊セラピー」説明会6月19日(日)終了しました。
【名古屋】生命の源に委ねた次世代の自然出産法「ヒプノ赤ちゃん」&「ヒプノ未妊セラピー」説明会6月19日(日)終了しました。

「ヒプノ赤ちゃん」&「ヒプノ未妊セラピー」説明会
美しい未来を担う子どもたちのために
〜生命の源に委ねた次世代の自然出産法「ヒプノ赤ちゃん」〜

【午前の部】10:00~12:00「ヒプノ未妊セラピー」とは?妊娠したいと望んでいるのに、不妊(未妊)状態でいるカップルが、自然に妊娠できるような心と体の状態を作り上げていくためのヒプノセラピープログラムです。
「ヒプノ未妊セラピー」ではどのようなことをするか、様々アプローチをご紹介します。
内容詳細は「ヒプノ未妊セラピーとは」のページへ

【午後の部】14:00~16:00「ヒプノ赤ちゃん」とは?女性の体には、本来正常で自然で健康な出産をする体の機能が備わっています。
健康な女性の体は、どのように妊娠し、お腹の中の赤ちゃんを育んでいくかを本能的に知っているように、どうやって赤ちゃんを産めばいいのかも分かっています。
その自然出産力を引き出す出産教育プログラムです。
内容詳細は「ヒプノ赤ちゃんとは」のページへ

 
 

 「ヒプノ赤ちゃん」は、ヒプノセラピー(リラクセーション、呼吸法、ビジュアライゼーション)を用いた快適な出産法ですが、痛みを軽減したり、分娩の過程をよりスムーズにするだけではなく、次世代を担う子どもたちのために、その親となる女性、男性をしっかりと精神面からサポートしていきます。
 中でも、一般的な胎教では味わえない、潜在意識下で交わされる母と子ども(父と子ども)の「胎話法」は、より深い霊的なレベルから対話することにより、親子の絆を深めていきます。通常このような潜在意識へのアプローチは、ヒプノセラピストの誘導にによって行われますが、「ヒプノ赤ちゃん」を学ぶことで、自己催眠の技法を習得し、独自で日常的に潜在意識下で子どもと対話し、意思疎通を図ることができます。子どもが誕生後も、まだ言葉によるコミュニケーションができない幼児期に、子どもの深い心にしっかりと耳を傾けることができるようになります。

 

 また、「ヒプノ未妊セラピー」では、子どもができにくい心と体の状態を作り上げている要因を、潜在意識を探っていきながら改善していきます。その要因は実に様々です。生活習慣の全般を見直したり、体に負担をかける西洋医学の対処法に頼らずとも、代替療法などで改善していくこともできます。しかしそれらを試してみてもなかなか改善されない場合、もっと潜在意識の深いところに要因が隠れている場合があります。内に潜む無意識のブロックに光を当て、癒しながら、前向きな暗示とイメージを、潜在意識へ植え込んでいきます。

 

 この説明会では、「ヒプノ赤ちゃん」、「ヒプノ未妊セラピー」とは何か?そして何を学ぶか?ということについてご紹介しながら、実際に皆さんにヒプノセラピーを体験していただきます。参加者の中に妊婦さんがいらっしゃれば、「胎話法」のデモストレーションなども行ってまいります。

ご興味のある方ならどなたでも参加可能です。これから出産を考えていらっしゃる方、不妊治療中のカップル(ぜひご主人と一緒にご参加ください)、助産師さん、産科の先生、セラピスト、、、。

日程

2011年6月19日(日)
午前の部:10:00~12:00 
午後の部:14:00~16:00

会場

ジョイフルカルチャースペース
名古屋市千種区四谷通2-8 YOU四ッ谷2階 > 地図

参加費

午前の部 2,000円
午後の部 2,000円

講師

宮崎ますみ
日本ヒプノ赤ちゃん協会代表・ヒプノ赤ちゃんマスターインストラクター
米国催眠療法協会(ABH:American Board of Hypnotherapy)認定インストラクター
米国催眠療法士協会(NGH:National Guild of Hypnotists)認定インストラクター

申し込み

株式会社ヒプノウーマンのワークショップ&セッションページの申込フォームより

ページトップへ



pagetop

カテゴリ

 

Copyright Hypno WomanContactlinkPrivacy Policy